セフレ候補と知り合うのに躊躇する?本質を知る!

セックスフレンドを作りたい!
けど、最初の難問は、女性に話しかけることです。
話しかけて、恥をかきたくないのです

セフレ女性に声もかけられずに遠くからながめているといった経験は、たいていの人が思春期のほろ苦い思い出としてもっているだろう。

すっかり世慣れて図々しくなってくると、そんな純情な時代がなつかしくなるものだ。  ところで、好きな相手に声をかけられないのは、自意識過剰 だからだとよくいわれるが、過剰なのは自意識ではなく、他人の目を気にする気持ちが強すぎるのである。こんなことをいったら相手の女性に笑われるのではないか、まったく無視されるのではないかという心配が先に立つ。

さらに、周囲の連中からの「身のほど知らずだ」「たいした取り柄もないくせに」などといった非難(冷やかし?)も恐れてしまう。  他人の目を気にしすぎるあまり、やりたいことにブレーキがかかるのは、恋愛にかぎった話ではない。

心理学でいうと、このような傾向は「負の強化」に慣らされた結果にほかならない。テストで悪い点をとったらお小遣いを減らす、野球でエラーをしたら罰金、ノルマを達成すれば恥をかかずにすむといったように、 脅しや罰などマイナス(負)のことから逃れようとして行動する習慣で育ってきたからである。

日本は「恥の文化」だといわれるが、「そんな恥ずかしいことはやめなさい」といわれて育てば、人目を気にして好きな人に声もかけられないのは当然といえば当然だ。

そんな悪循環から抜け出すには、自分を縛っている「負の強化」を「正の強化」に切り替えることである。テストでよい点をとったらほめられる、野球でファインプレーをしたら賞金が出るというのが「正の強化」だ。

プロ野球でも、厳しい罰金制度で知られる某名門チームの成績は悪く、目ざましい働きをした選手に監督が自腹を切って試合ごとに賞金を出したチームが快進撃を見せ、ファンを驚かせたという話がある。

もし、誰も「正の強化」を与えてくれなければ、自分で自分に成功報酬を出せばいい。テストでよい点をとったり、仕事がうまくいったら、前からほしかった物を買ったり、美味しいものを食べるなどして自分にご 褒美 を出すのである。

長い間の「負の強化」で養われた考え方を変えるのは簡単ではない。

しかし、「失敗したらどうしよう」ではなく「成功したらこんな素晴らしいことがある」というふうに考えられるようになればしめたものだ。

自分の望むものを手に入れるには、誰だって何らかのリスクをおかしているのである。そのリスクを恐れて手を出さないか、そのリスクをおかしてまで手に入れようとするのか、どちらが得か、ちょっと考えてみれば答えは明らかだろ。

もし、セフレを作る勇気がでたならば、相手を探しそう!

URL:セックスフレンドは出会い系で作れるって本当?